京都の南端で陶芸をしている家族の日々のいろいろをマイペースに更新中。
こころのバランス

最近、世の中の事と身近な事で共通する

想いをつらつら書いてみました。

 

知らない人、未知なものは

好奇心を掻き立てる反面、

恐れや猜疑心など防衛本能を働かせてしまうもの。

動物はそうやって家族や自分を守って来たと思う。

でも、そうやって守って閉じこもっていても進歩は大してないのも事実。

怖くても一歩踏み出して相手を理解する気持ちがあると

相手と通じあえることもある。ただ、時間はかかりますが。

違うもの同士が通じると色々な事が

革新的に飛躍するのも事実ですし。

国であろうと人であろうと他の動物とであろうと。

鎖国していればいつまでたっても

産業は発展しなかったでしょうし

今までゴミみたいに捨てていたものが宝の山になる事もありましたし

犬と出会って猟の効率が上がったのもそうでしょう。

ただ、犬に噛まれた人も相当いてるでしょうが・・・

 

防衛本能も行き過ぎると相手を攻撃的にさすだけで

逆効果になります。大型犬が苦手な僕はよく犬に

吠えられました。過度の防御は疑心暗鬼をうみ

されてもいない攻撃をされた気になって

精神的ダメージをうけてしまう。

嫌われたり呪われてると思ったりして

勝手に一人で弱ってしまう。

 

心のバランスをとって真ん中で

健やかに立つには何が必要なんか

最近よく考えています。

一つ思うのは頭で考えるのをやめる事。

心をミゾオチあたりに置いて気が

頭に上らないように心掛ける。

ここ数年、気功をしているのですが

気を丹田あたりに置くと心が浮つかずに

安定する気がします。この状態を保ち続ける事が

最近の課題なんですがなかなか難しい。

ついつい無駄に考えてしまいそうになります。

 

気とか言うとちょっといかがわしく

感じる方もいてると思いますが

僕は気持ちも気だと思っていて

気と気持ちは関係しているものと思っています。

そして大した力は無いものだと思います。

ただ、人を動かすのも気持ちですし

力があるのも事実です。

なので気持ちのバランスを

とる事が大事なのだと思っています。

 

独り言 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.toukousya.com/trackback/978599
<< NEW | TOP | OLD>>