京都の南端で陶芸をしている家族の日々のいろいろをマイペースに更新中。
金繕いワークショップ
割れた器に新しい命を吹き込む金繕い

「金繕い講座」は今、各地のカルチャーセンターで人気のある講座のひとつです。
 年齢、性別を問わず、クラフト感覚で気軽に参加いただけます。 陶磁製の欠けたり、
割れたりした器や花瓶、置物など漆で接着し、金泥や銀泥で装う日本古来の技法です。
あきらめていた器を再びよみがえらせて使用できます。また、かぶれない「新うるし」を
使用しますので安心です。ガラスや漆器などもお直しできます。

 
平成27年10月24日(土)
時 間:13:30〜16:30
場 所:ミカノハラ陶工舎
参加費:4,500
定 員:6
持ち物:エプロン・タオル
1×1儖米發侶腓韻瞭磁器2個(ない方はこちらで用意します。)
 
※体験につき少ない工程で仕上げます。そのため、新うるしの他、エポキシパテを使います。
気になる方は、飲食用の器はお控えください。


※お渡しは後日になります。
 
★お申込みは★
1.お名前(ふりがな)
2.ご住所
3.電話番号
4.メールアドレス
5.人数
6.欠けた器の有無
7.交通手段(車or電車)を明記の上、info@toukousya.comメールください。

※電車の方は加茂駅から送迎します。
 
*講師 安岡八栄 プロフィール*
 グラフィックデザイン、インテリアコーディネーション、フラワーアレンジメントなどの仕事や講師を経験した後、
「金繕い」の講師となる。現在、阪神間および淡路島など10
箇所以上の教室で教えている。

 
ミカノハラ陶工舎
〒619-1106 
京都府木津川市加茂町例幣法寿庵14
Tel:0774-39-8837
Mail:info@toukousya.com
http://toukousya.com/
JR関西本線加茂駅下車、
東口よりタクシー7分、ハイキング
40分

 
告知 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.toukousya.com/trackback/978581
<< NEW | TOP | OLD>>