京都の南端で陶芸をしている家族の日々のいろいろをマイペースに更新中。
恭仁京であそぼう

ミカノハラ陶工舎、嫁です。

 
恭仁京(くにきょう)であそぼう!のお誘いです。

今回はしゃぼん玉で遊びます。

〜ふわりふわり風にのってお空に飛んでゆけ〜

こどもが入るくらい大きなしゃぼん玉にも挑戦します! 

しゃぼんだま

7月2日(土)10:30〜 (雨天の場合、延期)
時間のある方は、一緒にお弁当をたべましょう。 

持ち物
・シャボン玉液をいれるプリンなどのカップ
・針金ハンガーを丸くして、毛糸をぐるぐる巻いたもの(写真参照)、網、ラップ芯、太いストローなど
・空のペットボトルやビンなど、蓋つきのもの(余ったシャボン玉液を持って帰ります)

・うちわ
・着替え
・タオル
・水筒
・水辺で遊ぶ可能性があるので、サンダルがあるといいです。

こどもも大人も、びちゃびちゃになってもいい格好、着替えの準備をして、思いっ切り遊ぼう! 

参加費(シャボン玉液の材料費等)として1家族100円 

家族、お友達を誘って遊びに来てくださいね。
パパ、じいじ、ばあばのご参加、お待ちしてます。

参加される方は事前にお知らせください。 
kaneko-keiko☆kmail.plala.or.jp
(☆を@に変えて送ってください)

《恭仁京であそぼう》は…

その昔、都だった。
今、ここには自然がある。なんにもない原っぱがある。
「感じる」ことができる場所がある。

風や、太陽や、季節の匂い、家族のぬくもり…

ここで、大人もこどものように、一緒に夢中で遊べたら楽しいだろうな。

感じるままに、歌ったり
鳥のようにとんだり
風のように走ったり

おおらかに、ゆる〜い気持ちで、こどもとのびのびあそびたい。

そんな思いで、始めてみることにしました。

*大人は、日常を忘れて、こどもに戻って夢中で遊びましょう。


*こどもやお友達との関わりについては、
こども同士の世界にはできるだけ口を出さず見守る 
けんかもいっぱいしたらいい 
よっぽど危ないこと以外は、手出しをせず、見守りながらやらせてあげる。

という感じでいきたいと思います。

これから、わくわくすること、いっぱい考えていきたいと思ってます。 

keko
 
 

恭仁京であそぼう comments(1) trackbacks(0)
Comment








へー、頑張ってますね。
シャボン玉か〜楽しそうやね。
なんか、行きたくなってきたな・・・・
from. 夫 | 2011/06/27 22:20 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.toukousya.com/trackback/978479
<< NEW | TOP | OLD>>