京都の南端で陶芸をしている家族の日々のいろいろをマイペースに更新中。
東京出張
先週の金曜日から納品を兼ねて

家族で東京に行ってきました。





水上バスで浅草に行ってスカイツリーを下から拝んだり。



前から一度行ってみたかった浅草の花やしきへいったり



夏休みの父的なサービスを初めてしてみました。



父らしい事が出来て少しほっとしてます。
 comments(0) trackbacks(0)
タイはどうなってる
 昔、タイに行ったとき、アユタヤの遺跡に

貼られていた看板・・・・




タイの洪水でアユタヤも被害を受けているようで

心配です。

この看板は流れてもらった方がいいかも・・・

by 工場長
 comments(0) trackbacks(0)
安曇野で
クラフトフェアが終わってから知人で松本在住の
イラストレーター中武氏に安曇野にある
安曇野地球宿という農家民宿を紹介してもらい
二日目ぶりに畳の上で寝ることが出来ました。
民家を改装して作ったこの宿は
素泊まりが3000円ととても安く、
オーナーの増田さんも味があっていい雰囲気です。


               いまだにコタツが出ている安曇野地球宿

田植えの体験や色々なイベントも
催しているようです。アットホームな
所でまた泊まりたくなりました。


                          安曇野地球宿

一泊して前から行きたかった、
マクロビ料理や農業体験などでスロー系雑誌で
良く取材されているシャロムヒュッテという
ペンションで昼食を食べて自然農や有機農の畑を
見学さしていただきました。


                          シャロムヒュッテ

育児の事にもかなり力を入れているようで
となりの森の中で園舎の無い青空幼稚園を
運営していて木から吊るされた遊具で
遊んだり森の中を駆け回る子供たちが
とても印象的でした。



念願の子供用農具もゲット出来ました。
このあと嫁さんの富山の実家にも伺い
かなり満足な旅になりました。

イラストレーター中武ひでみつ氏のサイト

安曇野でお世話になった安曇野地球宿のサイト
 comments(2) trackbacks(0)
長野はいいとこ
6月に入りもう7日になり
5日間の長野ツアーから帰って
だいぶたってしまいました。
出発日から嫁さんが風邪気味に
なり3人とも風邪ひきぐだぐだの
ツアーでしたがいろいろ行きたいトコも
しっかりいけて有意義な旅になりました。



窯の失敗もあって満足な展示にはならなかったけど
熱いクラフトマン達のパワーが良い刺激になりました。



周りに子供の多いところを選んだおかげで
娘も楽しく走り回ってました。

さすが老舗イベントだけあって
お客さんの入りもかなりのものでしたが
奥まった木陰ののどかな環境でとても
楽しく出来ました。

おかげさまで財布に余裕が出来たので
一泊延長して安曇野に行くことにしました。
報告はまた次回に。








 comments(0) trackbacks(0)
味のあるカフェ
広島で見つけた喫茶店。
入りたかったが時間が無く、
写真だけ撮っときました。
無許可ですが、載せていいのかな。
かなり古そう、汚いけど
なんかかっこいい。



アールデコ?なシェードがかっこいい。



看板がまた渋い。



次は絶対入ろう。
 comments(4) trackbacks(0)
福山出張
先週、一週間ほど広島県福山市に
百貨店の催しで行って来ました。
その間に福山に古くからある鞆の浦という
所に行って来ました。



古い町並みが気に入って
ここでお店を出す人とかが増えていて
注目されている所だそうです。







ワンパターンな構図で下手な写真ばかりでごめんなさい。
でも遠近感がある構図が昔から好きみたいです。
あと路地裏もね。
猫でもいたら言うことなし。
 comments(4) trackbacks(0)
タイの続き
タイでの結婚式はタイの友人の
家を会場にして5人のお坊さんに
お経を読んでいただくという形で
行ないました。
これは儀式で使う椅子などの道具と
お子様です。



式の様子はUPしません。
おっさんの晴れ着姿は
見るに耐えかねますので。
これは二人の名前を彫ったスイカです。
しかし、私の名前がアキポモに・・・
アキトモなんですけど



タイでは細かいことは気にしては
いけません。こういう状況を
逆においしいと思えるぐらいの
精神が必要です。
大阪人でよかったです。




 comments(3) trackbacks(0)
久々のUPです
9月以来のアップです。
12月12日にタイで結婚式を挙げてきました。
そしてそのまま1月4日までタイを貧乏旅行して
来ました。そのため12月までに仕事を詰め過ぎ
10月頃からずっと大変な状態でした。しかし
そのかい有って二人ではじめての旅行は
いいものになりました。
ちょっとずつ写真とかアップしていこうかと
思ってます。
 


タイのバンコクで泊めてもらった
とこのおばさんと飼い猫達、タイは敬虔な
仏教国なんで動物を大切にしている人が多い。



首都バンコクはかなり未来的な建物があったり、
野良犬や植物などがいっぱいだったり、観光客やら
屋台やキャバレーやらなんやらで混沌とした
エネルギーの塊です。タイにいくなら
若いうちが良いというのは年をとるとこの
パワーに負けてしまうからかも。





 comments(2) trackbacks(0)
広島レポート 其の二
今回は尾道のことを書いてみます。
皆さんご存知かと思いますが、
ここは映画の撮影によく使われています。
最近も男たちの大和という映画にも使われ
実寸大の大和の前半分のセットが向こう岸の
因島に見えます。

道は迷路みたいだし
なにかの映画の中に入りこんだような
感覚におちいります。

これはひときわ目立つ尾道城。
きっと、本物ではなく作り物だと
思うんですが、定かではありません。
前の晩の11時頃に尾道に着いて
そのまま車中で一泊して、朝の5時
から尾道の日の出を撮ろうと山に
登り撮りました。

それにしても絵になる景色
船が光の中を行き交い、朝もやが
朝日を受けて島並が光っています。

写真の実力のなさを痛感しますが
そのときの写真です。

それから、昼まで時間があるので
千光寺という寺を見学に行きました。

これはお堂の鐘が数珠のような玉に
なっていて紐を引き降ろすとかんかん
と鳴りながら落ちる仕組みです。
見えにくいですが梁と梁の間に有る
かえるまたの水車らしき彫刻も
かっこいいですね。
 comments(0) trackbacks(0)
広島レポート 其の一
久しぶりのブログです。
広島の展示会から帰ってきました。
観光を入れて9日間。
久しぶりの我が家がやっぱり
一番落ち着けます。
とりあえず、広島の報告を
何回かに分けて。
展示会なんてのはどこでやっても
変わり映えが無いんでおきまりの
観光すぽっと原爆ドームの写真を
載せときます。

やっぱりこの威圧感というか
存在感。人間の行く末を
暗示しているような、無常感
を感じます。修学旅行の時に
来ましたが、今見るとあの時
以上に感じる物があります。

国際情勢はとても不安定で、又
このような愚行を繰り返さないように
なにか自分達にできることを考えたい
とあらためて思いました。


これは広島名物のお好み焼きの店
「みっちゃん」の様子です。
名前はかわいいですが、無骨な
兄貴達がカウンターに並んでます。
広島のお好み焼き屋はこういう
「男」的な所が結構あって夜なのに
客が全員サラリーマンなんて所も
有りました。まさに菅原文太的な
世界です。文太一家なんて書いた
トラックも走ってました。ちなみに
文太さんは宮城出身です。
広島の人はなかなか、気さくだし
一本気な感じがして好感持てました。
旅人にも優しいし。またいきたい。
 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |